おなが浦添当山整骨院の顎関節症への「顎関節調整×頚椎調整」施術

受付時間

顎関節症への「顎関節調整×頚椎調整」

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 顎が痛む
  • 口が開けにくい
  • 口を開けるとガクガクと音が鳴る
  • 顎に違和感があり、食べにくい
  • 顎が痛くてしゃべりにくい

顎の痛みや開口障害とは?|おなが浦添当山整骨院

顎関節(アゴの関節)の障害で多いのは顎の痛みや顎の関節音、開口障害(口を大きく開けれない)などといったものです。原因は大きく分けると3つあります。

・顎関節そのものの損傷(捻挫した状態)している場合
・顎関節そのものの損傷はあまりなく顎関節を動かす咀嚼筋(顔の筋肉)の筋力低下で発生する場合
・顎関節に問題があり咀嚼筋にも問題がある場合

です。

軽い顎関節症の場合、顎を鳴らすことが快感になることがあります。

この癖は顎の関節の変形を招く恐れがあります。
顎が「コキッ」となったり「カクカク」鳴るのは、下顎と上顎の連結部分にある関節円板というクッションがずれている音です。
顎を鳴らして、クッションの役割をしてる関節円板がずれるとそのたびに大きな衝撃を受けるので、次第に変形していきます。

関節円板は軟骨の一種です。

関節円板が変形を繰り返すと、元に戻らなくなることあります。
そうなるとクッションがなくなるので、下顎と上顎が直接擦れ合って痛みが生じるのです。

また変形したままの関節円板は顎関節の動きを阻害するので、口が開けづらくなるのです。

ここまで悪化すると治療期間も長引いてしまいます。

顎関節症は軽く扱われてしまいますが、実は油断できない病気です。
関節は動きを司る器官なので、ここに異常が起きるとそれまでできていた動作ができなくなります。
股関節が機能しなければ歩けなくなりますし、指の関節が動かなければ文字を書くことができません。

そして顎関節に支障が起きれば食べたり喋ったりすることができなくなります。

生活の質を著しく落とすことになります。

顎関節症の施術法とは?|おなが浦添当山整骨院

顎関節症の顎の痛みは少なからずクビの姿勢不良が発生しており、それも顎関節に大きく影響しています。おなが浦添当山整骨院ではそれを見極めて顎関節矯正と顎関節を動かす咀嚼筋の深部筋肉調整を合わせるとともに根本的な原因をなくすために姿勢改善も同時に行います。本来クビの骨(頚椎)は縦に7つ並んでおり、それが弓なりにカーブを描いています。

そのカーブが無くなり直列の配列になることでストレートネックとなり姿勢不良が発生します。クビのカーブを戻すためには背骨全体のS字カーブを作らないと行けません。

背骨全体のS字カーブを取り戻すには背骨を支えている骨盤の歪みを改善させないと行けません。さらには骨盤がゆがむ原因も改善させておかないと行けません。浦添市のおなが整骨院では症状に対してその原因を追いかけていき根本的な原因を見つけ出します。そしてその根本原因に対してアプローチすることで顎関節症を改善させていきます。

さらにクビ部分の調整も行います。顎関節の軽い痛みや軽い関節音であれば1回の施術でかなり改善します。慢性化した顎関節症の場合、顔が左右対称ではない歪みを起こしています。かなり大きな歪みでもほとんどの人が気づいていません。

数回の施術で症状が改善されていき、それとともに顔の左右の歪みも収まってきます。顎関節が原因となって頭痛を発生させている場合は顎関節そのものに症状はなくても顎関節矯正を行います。顎関節の症状でお困りの方は一度ご相談ください。

執筆者:
おなが浦添当山整骨院 院長 豊見山 杏里
柔道整復師

私は学生のころからスポーツをしておりケガはほとんどしたことがありませでしたが、膝の痛みがでて病院へ行ったとき、あまりケガに対して治療はされませんでした。
医療人ならもっと患者さんによりそうべきだと思い、私は治療だけではなく患者さんの心にも寄り添っていける柔道整復師を目指し日々精進しております。
頚・腰、スポーツ外傷のことならお任せください。全力でサポート致します。

浦添市 おなが浦添当山整骨院へのお問い合わせ

おなが浦添当山整骨院

住所
〒901-2104
沖縄県浦添市当山2丁目2-2-4
バークレーズコート サービスコート内
アクセス
バークレーズコート内
駐車場完備

マップ

受付時間

HOME

アクセス・料金

採用サイトへ

スタッフ紹介

初めての方へ

会社概要

交通事故メニュー

  • スタッフブログ